エリア別大掃除法 エアコン編

大掃除においては、いつもクリーニングしないようなスポットもしっかりクリーニングしておく事が大事です。
その一つに、エアコンがあげられてくるのです。
大掃除の際、エアコンをしっかりクリーニングしておくと、その後に利用をするときに出てくる風も気持ちの良いものになるでしょう。

エアコンをクリーニングするにあたり、クリーニングするスポットはメインにフィルターと送風ファン、斯くして本体です。
なおいっそうもキーポイントなのはフィルターですね。
ここに汚れ、とりわけカビが蔓延していると、部屋中に送風によってカビが振りまかれてしまうのです。
これは相当きついケースで、体のコンディション悪くなっての要因にもなります。
フィルターはカビが発生しやすいファクター下にあるので、間違いなくコンスタントなクリーニングが欠かせないことなのとは言っても大掃除のときはとりわけ綺麗にしておきましょう。
まずクリーナーでホコリを吸い取り、次にキッチン用の洗剤を付け軽くブラッシング、斯くして水洗いしてカラ拭き、というのがスタンダード的なクリーニングやり方なのです。

次にエアコン本体ですね。
エアコンの上部はホコリが溜まっているかと思います。
クリーナーで吸い取るには高いポジションなのでかなりでしょう。
もし届かないときは、水拭きでダイレクトに落とすのではなく、はたきで落としましょう。
ホコリは水にぬれると付着力が増して落ちにくくなります。
その後前方のパネルを開き、中を綺麗にしましょう。
ここが詰まっていると、エアコンのパフォーマンスがしっかり発揮できません。

表面を吹き終わったら、次は送風ファンです。
そうでなくても、ここは難しいので、無茶にクリーニングする必要はないのです。
下手に触ってトラブルさせることもあるので、それなりマシーンに詳しい人が身近にいないときは、放置していてもかまいません。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除