エリア別大掃除法 インテリア編

大掃除においては、ファニチャーなどのインテリアもクリーニングの対象となります。
いつもはあまり気に留めることのないインテリアの汚れとは言ってもリアルにはわりと汚れていたりします。
大掃除ということでないとわりとクリーニングする事もないので、何としてもこのことを利用して、家中のインテリアをクリーンにしてあげましょう。

インテリアの汚れとしてまずはじめに挙げられるのは、シールをはがした後です。
子供がいる世帯では、よくファニチャーなどにシールを貼り付けたりし、それを無茶にはがして白い跡が残ったりしますよね。
これをはがすのはわりとかなりです。
放置している世帯も多数でしょう。
こういったシールは、暖める事ではがしやすくなります。
シールに付着している接着剤を緩ませるのです。
効果的なのはドライヤーです。
ファニチャーは水を使いづらいので、熱風で温めてはがしましょう。

ファニチャーの汚れを落とすとき、スタンダードはカラ拭きです。
ところがカラ拭きというのは汚れが落ちにくい方法なので、どのようなわけでも他にないものかと考えてしまうのです。
とりわけ大掃除のときはそうではないでしょうか。
というわけで、ファニチャー用洗剤を利用してみましょう。
ちかごろは洗剤も細分化され、ファニチャー専門のスプレー状の物も出ています。
それを利用する事で、ファニチャーをぴかぴかにすることができるのです。

布張りや皮張りのソファーには、水は使えません。
まずブラシで表面を掃き、その後強く絞ったタオルで拭き、手っ取り早くカラ拭きしましょう。
汚れやシミが目に見えるパーツは、中性洗剤を使い、歯磨き用ブラシでこすってみることをおすすめします。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除