エリア別大掃除法 洋室編2

洋室をクリーニングするとき、あるいは廊下をクリーニングするとき、クリーナーは必須ではないでしょうか。
大掃除においても、クリーナーはフル稼働させることになるのです。
案の定なおいっそうも楽で確実なのはクリーナーをかけるとういうわけなのです。
拭きクリーニングをするからクリーナーはいい、ということは一切ないのです。
大掃除においても、クリーナーは主戦力となるのです。

とは言ってもクリーナーには少なからずウイークポイントもあるのです
というのも、クリーナーというのはどのようなわけでも床のホコリを舞い上げてしまうのです。
テーマなのは、ホコリよりも軽いダニの死骸やフンです。
目に見えないそうしたものは、舞い上がると暫く空中にとどまり、数時間後にようやく下に落ちるとつぶやかれているのです。
これが何を意味するのかというと、舞い上がったホコリやそれらの物質が口の中に入ることが高いとういうわけなのです。
ハウスダストアレルギーを持っている方は結構います。
そういった方は、ダニの死骸やフンが体の中に入るとくしゃみが止まらなくなってしまうのです。
花粉症をイメージしてみればわかるかと思います。
あれと全く同じ症状になるのです。
そのうえこういったアレルギーは体の中に取り込むことで生まれるので、ちかごろは違ってもクリーナーを使い継続していく事でアレルギーになることもあるのです。

クリーナーは、まずはじめに利用するべきではないのです。
まず拭きクリーニングを行い、たっぷりとホコリやダニを取り除いたあとで、仕上げとして利用をするのがベストです。
適切のクリーニングでは評判どおりのそこまではしないでしょうが、大掃除のときは順番をしっかり守っておいた方が良いでしょう。
なお、適切のクリーニングのときでも、クリーナーをかける時はできるだけマスクをしてください。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除