エリア別大掃除法 和室編

大掃除のときは、居間や書斎などのいつもクリーニングしているであろうエリアもじっくりとクリーニングします。
その中にあって、クリーニングの仕方が少し難しいのが、和室です。
和室は畳が敷いてあり、障子、ふすまがあり、洋室と比較してわりとデリケートなイメージがあったりしますよね。
リアルに、洋室と同じように、というわけにはいきません。

先に、大掃除をするにあたって、和室をクリーニングするために用意しておくべきアイテムはいろいろというと、酢です。
洗剤は使用しない方が良いでしょう。
木や草といったものを利用している和室において、洗剤はあまり良いインパクトを与えません。
水拭きもできるだけ絞って水気のない様子で行った方が無難です。

まずはじめに、柱などの白木をクリーニングしましょう。
たっぷりと絞った雑巾で拭いていきます。
もし黒ずんだエリアがあったら、酢の出番です。
酢を水に加え、それで雑巾を浸し、思いきり硬く絞った様子で拭きます。
それで黒ずみが取れるときもあるのです

次に、畳です。
クリーナーをかけ、水分をなくした様子の雑巾で拭いていきます。
畳には表面をプロテクトする為の白土が塗られており、水拭きをするとそれがはがれてしまうので、水拭きは厳禁です。
黄ばみなどの汚れには、酢を混ぜた水に浸し、しっかりと絞った雑巾で対応しましょう。
畳のとき、とても傷みやすく、斯くして水に弱いという性質があるのです
借家のときはとりわけそうとは言っても水分を含ませて腐らせてしまうという事がないようにしてください。
大掃除の際にはどのようなわけでも水を使いがちで、ですのでに大掃除で綺麗にするはずが逆に畳を腐らせてしまったというケースがあるのです
注意しておいてください。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除