エリア別大掃除法 窓編

大掃除でよく見る光景といえば、窓拭きをファミリー総出で行っていることではないでしょうか。
この光景を見ると、大掃除をしているという自覚が出てくると共に、年の瀬である事を再自覚するという方も多数かと思います。
窓拭きというのは、大掃除の中でもとりわけ行う事の多数、斯くしてことする時間が長いクリーニングと言えるのです。

そういった窓拭きとは言ってもまず窓の汚れの様子を確認しましょう。
まっさらな雑巾があれば、それでさっと拭いてみてください。
というわけであらかた汚れがないというときは、洗剤を利用する必要もないのです。
新聞紙で十分です。
新聞紙が窓拭きに効果的というお役立ち情報は、もはや一般常識になりつつあるのです
インクが汚れを拭き取るための洗剤のような働きをするそうです。
よって、古新聞があれば、それを駆使するのがなおいっそうもでしょう。

そうでなくても、タバコを吸う世帯、近所にファクトリーがある、あるいは車がよく通るといった家においては、それだけでは不十分です。
しっかりガラス用の洗剤を利用してクリーニングしましょう。

窓クリーニングは窓ガラスだけで終わらせてはいけないのです。
窓のサッシやレールもしっかりクリーニングしましょう。
大掃除においては、こういったところも綺麗にするというのが大事になってきます。
こういった狭いところのクリーニングは、霧吹きとハンドブラシが効果的です。
霧吹きで水をかけ、それをブラシで掃き出す。
これで大抵の汚れは取れます。
窓のサッシの汚れは砂とホコリがあらかたなので、ガンコな汚れがついているということは滅多にないのです。
もしそれで取れないときは、フローリングに利用をする洗剤を使いましょう。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除