エリア別大掃除法 トイレ編3

いまや各世帯では、洋式のトイレを利用しているところがわりとの数を占めていますよね。
和式より断然使いやすいという事で、和式の便器を探す方が難しくなってきているくらいです。
そうでなくても、クリーニングに関しては和式より洋式の方が断然手間がかかることくさかったりします。
とりわけ厄介なのは、便器の縁の裏側です。
いつもクリーニングする事のないエリアとは言っても実はわりと汚れています。

洋式便器の縁の裏側は、ダイレクトにそこが汚れるという事はないので、放置しがちです。
しかし長年利用していると、当たり前の話ですが汚れはたまってきます。
斯くして、そういったところの汚れはどのようなわけでも落ちにくくなります。
サビとホコリがセンターとなって、茶色く変色しているときも数多く見受けられます。
外見的に見えないエリアなので放置しておいても良いというのは、あまり衛生上よろしくないのです。
大掃除のことにしっかり洗っておきましょう。

頻繁にとは言わないまでも、一月に一回くらい裏側を洗っている世帯のときは、いつも洗って落ちるのでテーマないでしょう。
そうでないときは、まずトイレットペーパーで裏側をしっかり拭き、水分をなくします。
斯くしてその後、使い古して穴が開いたシューズ下などに洗剤をしみこませ、思い切り拭きクリーニングを行います。
ブラシではわりと落とせない汚れでも、シューズ下や軍手のような厚い布であれば落としやすいのです。
大掃除にはこういったものも用意しておくと良いでしょう。

これでも落ちないときは、尿石の塊ということがあらかたです。
そのときは、大掃除でよく利用する手として、洗剤をトイレットペーパーにしみこませ、裏側にあてて数時間放置し、その後ブラシでこするというステップをとりましょう。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除