エリア別大掃除法 トイレ編2

トイレを大掃除する際、やはり便器をキーポイントに洗っていかなくてはなりません。
その中でもとりわけ厄介なのは、便器の内側です。
内側というのは、水のたまるエリアのいっそう奥、といえばわかりやすいでしょうか。
いつもはまずクリーニングしないパーツとは言ってもマッチさせて間違いなく汚れがたまっているエリアでもあるのです
水の流れがコンスタントにあるエリアではあるのとは言ってもそれでしっかり流れているかどうかという確認が目視では不可能なので、どれだけの汚れが潜んでいるかはイメージすらできません。
大掃除を行うにあたって、いろいろな意味で厄介なエリアといえるのです。

では、こういった見えにくい上に汚れがひどいことが予想されるエリアをクリーニングするにあたって、どういったクリーニングの仕方をすべきでしょうか。
便器の奥に突っ込めるような細いブラシは、売っています。
ちかごろのクリーニングアイテムはちょっと前と比べるとだいぶ実用的になってきているので、探せば間違いなく見つかるでしょう。
そうでなくても、洗い流すにはブラシだけではダメです。
洗剤が欠かせないことなのです。
ところが洗剤をもってしてもわりと落とせない汚れというものはあるのです
とりわけ、便器の奥のようないつもからクリーニングしていないスポットは、汚れも相当ガンコになっているのです。
こういったときは、さまざまに工夫が欠かせないことなのです。

先に、トイレットペーパーを便器の内側に入れます。
斯くして、そのトイレットペーパーに洗剤をしみこませ、数十分、あるいは数時間放置します。
こうする事で、汚れはわりと落ちやすくなります。
あとはブラシでこするだけなのです

こういった、一定時間洗剤をなじませるということは、どんな汚れに対しても効果的です。
大掃除の際は何としてもいろいろなところで利用してみてください。
クリーニングを始める時の第一レベルとしてガンコな汚れがついていそうなところに洗剤をなじませておき、その間に他のことを行っておけば、効率的です。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除