エリア別大掃除法 浴室編2

いつもクリーニングしているときでも、わりと落とせていない汚れというものはあるものです。
大掃除はそういった汚れを落とすことでもあるのです
例えをあげるとすると、浴室のタイル表面に付着した、白い粉上のもの。
これは、水中のカルシウムなどの栄養素が固化した水垢です。
それも、一日二日でできるものではなく、長年の積み重ねでできた、頑固な汚れなのです。
この水垢は、落とすのがとても困難です。
適切の洗剤で落ちる事がないので、ノーマルのクリーニングの際にはどのようなわけでも放置しがちです。
大掃除の時に落としてやりましょう。

この水垢は、どのくらいの優勢汚れかということで対処法が変わります。
先に、軽い汚れのときは、酢で落とせます。
ところがそれなり年月を経ている水垢のときは、酢でも対処できません。
そのときはクエン酸を使用します。
クエン酸をお湯で溶かし、それを汚れの表面に塗り、しばらく放置します。
ただし蒸発してしまうと元も子もないので、サランラップで覆っておきましょう。
数時間経過後、重曹、クレンザーなどをまぶしてスポンジやブラシで擦ります。

そのうえ浴室の鏡にも水垢は付着します。
鱗状のものがそれです。
これも、適切の洗剤ではまず落ちません。
多勢の浴室では、鏡が見えにくくなっていると思います。
しかしどれだけ洗剤でこすっても落ちず、苦労している世帯は多数でしょう。
大掃除のことにそれも落としてやりましょう。
まずは酢を利用してみて、それでも無茶なようなら酸性の洗剤を塗った後で、サランラップで覆ってしばらくおき、その後でこするというパターンです。
そうでなくても、酸性の洗剤は金属パーツにつくとさびの要因になるので、気をつけることが欠かせないことなのです。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除