エリア別大掃除法 キッチン編1

大掃除では、いつもはあまりクリーニングをしないところをクリーニングすることにでかい訳合いがあるのです
というわけでクリーニングする事で、一年の汚れをとり、家の中のクリーンを保つことができるのです。
その中にあって、とりわけクリーンさを保ちたいエリアといえば、キッチンが挙げられるでしょう。
食料をキープし、食事を作るエリア。
家の中で、これほどクリーンさを欠かせないこととするエリアもそうそうないはずです。
キッチンのクリーンさを保つためにも、しっかりと大掃除で綺麗にしましょう。

キッチンの大掃除でクリーニングするエリアといえば、まず冷蔵庫です。
冷蔵庫内は、いつも手入れする事はあっても、本格的に片づけしたり吹きクリーニングしたりすることはないかと思います。
大掃除においては、中の片づけがメインとなるでしょう。

冷蔵庫を大掃除する際には、冷蔵庫の電源を切っておくことを推薦します。
節約であってしまうとマッチさせて、トラブルのことを減らすこともできるのです。
電源を切った後、まず冷蔵庫、冷凍庫内の物をすべて外に出してしまいましょう。
順序としては、冷凍庫の片づけと片づけを優先します。
冷凍庫に入れている冷凍フードなどが溶けてしまわないよう、手早いことが欠かせないこととなります。
とはいえ、冬場なので、そこまで焦る必要はないのです。

冷凍庫の片づけが終わると、次は冷蔵庫内の片づけです。
棚を外せるタイプならば、すべて外しましょう。
その後、キッチン洗剤を利用して吹きクリーニングを行います。
まず洗剤をつけた布などで拭き、その後でカラ拭きします。
間違いなく洗剤をパーフェクトに落とすことがキーポイントです。
拭きクリーニングが終わったら、棚を戻し、電源を入れ、中に物を戻し、片づけして終わりです。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除