大掃除のコツ7

スケジュールを立てて段取りが決定したら、いよいよ大掃除その日を迎える事になるのとは言ってもその前に一つやっておきたいのが、アイテムの確認です。
購入したアイテムがしっかり使えるかどうか、取替え用の備品などはちゃんと揃っているか、ずっと利用しているアイテムで壊れているものはないかというのを、できれば前もってチェックしておきましょう。
その日になってクリーナーが壊れていた、などという事になったらわりと厄介です。

クリーニングアイテムは、できる限り一スポットにまとめておきましょう。
どこにどれを置いたかわからない様子だと、その日になって混乱を起こすことがあるのです
一日で終われなくなってしまう事になりかねません。
大掃除に利用するアイテムはわりと多く、集めるとかさばってしまうので、居間にまとめて置いておくと良いでしょう。
アイテムをまとめておく事で、次のことには何が必要かというときに、ひとつにまとめておくと効率よくことを進めることができるのです。
けれども草むしり用の軍手や鎌、竹箒などといった庭や玄関で利用するものに関しては、庭にまとめておく方が良いでしょう。
とりわけ鎌など子供が触れるとリスクなアイテムに関しては、しっかりコントロールしておく事が欠かせなくなるのです。

はさみ、鎌、くわなどに関しては、刃のパーツを布か何かでくるんでおく事を推薦します。
大掃除では、こういったアイテムも欠かせないこととなってきますが、それで怪我をしたという例はいつも間違いなく発生します。
それも、結構な件数です。
子供がいる世帯では、できるだけそういったアイテムを利用をしないか、ノーリスクを確保しておく為に布で巻いて高い所においておくなどの対処をしておきましょう。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除