大掃除のコツ5

大掃除を行う上で、先立ってスケジュールを練るというのはとてもキーポイントです。
大掃除は時間が掛かる上に重労働というわけで、もし何のスケジュールも立てずにはじめてしまうと、どのようなわけでもダレてしまい、日をまたいだり、中途半端なことで終了、という形になってしまうのです。
そうなると、せっかくの大掃除もあまり意味を成しません。
一年間で隅々までクリーニングすることというのは、恐らくこの大掃除のシーズンしかないのですよね。
もしここで手を抜いてしまったら、二年分の埃が見えない所に溜まってしまうのです。
そうなると、もしダストアレルギーの方が家にいるとき、わりと苦しい暮らしを優勢られる、などということもあるのです。
そうならない為にも、しっかりしたスケジュールを練る欠かせないことがあるのではないでしょうか。

大掃除の日取り、利用するアイテム、人手が決まったら、その日のことについてスケジュールを練りましょう。
できれば実行する人全員で話し合った方が良いです。
むろんその日でも構いません。
そうでなくても、結構時間がかかってしまう事もあることなので、決起集会というわけではないとは言っても前日に集まって話し合った方が良いかもしれません。

スケジュールとして考える事は、誰がどの務めを担うか。
要するに務め分担が第一という事になります。
当たり前のこと男の人は力仕事がセンターになります。
ファニチャーの移動、粗大ゴミの収集などですね。
この大掃除のことにファニチャーを買い換えるなどというときは、車を出せる人がいれば出し、搬入の際の手伝いをすることをおすすめいたします。
女の人のときは、拭きクリーニング、掃きクリーニングがメインですね。
とりわけキッチンやトイレなどはじっくりと磨きたいエリアなので、いつもから利用している人が担当することをおすすめいたします。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除