大掃除のコツ4

アイテム一式を揃えたら、次にやる事はスケジュール、つまり大掃除のプランを練る事です。
大掃除は大掛かりなことです。
それこそ丸一日、広い家であれば何日も日をかけて行う事になるでしょう。
それだけではないのです。
ファニチャーをはじめ、多勢のとても重い物を移動させる事になり、わりとの肉体労働を優勢られます。
粗大ゴミに関しては、一回庭に集め、その後会社に引き取ってもらうという形が望ましいので、いずれにしても移動の際の重労働は避けられません。
要するに大掃除にはアイテム以外にも人手が欠かせないことというわけです。
人は物ではないので、時を問わずに使えるというわけにはいきませんよね。
そうなると、やはりプランを前もって練っておく欠かせないことがあるのです。

プランを立てるにあたり、まず決定しておかなくてはならないのが、大掃除決行の日取りです。
それを決めなければ、誰に手伝ってもらうかということかつてに、その人とのスケジュール調整ができません。
「何月何日何曜日の何時から何時まで行う」というのをしっかり決定しておきましょう。
広くは12月28日とは言ってもその日にちに手伝って欲しい人が空いていないときはずらしても構いません。
というか、ファミリーだけでできないというケースでお手伝いを要請するときは、28日以外が良いでしょう。
その人も自らの家の大掃除があるのではないでしょうかから。

日取りが決まったら、次は誰に手伝ってもらうか、あるいはその欠かせないことがないかのチョイスです。
中学生以上の男の子がいる世帯なら、父親と子供で大抵のファニチャーは移動できてしまうのです。
他の人の手を借りずともできるでしょう。
そうでなくても、まだ子供がいない世帯や女系ファミリーで男手がないといったご自宅のときは、やはり男手を借りた方が良いでしょう。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除