大掃除のコツ3

大掃除を行うにあたり、クリーニングアイテムを購入する事になるかと思います。
日頃利用しているアイテムに関しては、それなり使える様子であれば買い替えの必要はないのです。
クリーナーやほうきはそのまま利用するというケースがわりと多数でしょう。
そうでなくても、トイレやお風呂に利用するブラシ、雑巾などは、この年末の大掃除のことに買い換えるのが良いでしょう。
雑巾に関しては、昨年のお歳暮やお中元などでタオルをもらっているとき、古いタオルを雑巾にしてしまえば、節約にもなります。

とはいえ、雑巾に関しては100円ショップで購入できてしまうのです。
雑巾も格安で入手できるので、糸代を考えると、自らで作るのと買うのとでそれ程差がないというのが現状です。
雑巾は消耗品なので、決して上等とはいえない100円ショップのアイテムでもテーマないでしょう。

100円ショップで入手可能なクリーニングアイテムは、雑巾に限りません。
というより、あらかたの大掃除に欠かせないアイテムは100円ショップで入手可能なのです。
ほうきにしても、コンパクトなサイズのものからでかいものまで揃っています。
モップにしても、作りはわりとシンプルで壊れやすいとはいえ、100円で購入できるのであれば、年に1度利用をするのみという世帯にはありがたい事ではないでしょうか。
大掃除を行うにあたり、100円ショップは欠かせないショップです。

ただ一つ、知っておきたい事があるのです
100円ショップで売っている洗剤は、量は多くプライスも安いので重宝しがちとは言ってもリアルにはわりと薄い洗剤で、あまりコストパフォーマンスがよくなかったりします。
適切の洗剤の50%以下の効力しかないというケースも珍しくないのです。
量が多数から得のように見えますが、リアルにはメジャーメーカーの洗剤を特売日に買うほうが余程安いことです。
大掃除を控えた年末には、ドラッグストアやスーパーなども頻繁にのぞいてみることをおすすめします。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除