大掃除のコツ2

大掃除を行う上でまずはじめにしておくべきなのは、クリーニングアイテムを確保することなのです。
では、大掃除に利用するクリーニングアイテムとは、どんなものなのでしょうか。

スタンダードなものとして、まずクリーナーは欠かせません。
当たり前のことどの世帯にもある物かと思うのですが、中には一間のアパートなどで欠かせないこととしていない、という一人暮らしの家もあるかもしれないのです。
そのときは、家の中で利用が出来てしまうほうきなどを用意してください。

次に雑巾ですね。
雑巾はいつものクリーニングではあまり利用をしない世帯もあるかもしれないのです。
ところが大掃除では雑巾を大量に使用します。
家に一つか二つしかないというときは、新たに用意する欠かせないことがあるのではないでしょうか。

次に、モップです。
これに関しては、間違いなく要るということではないのですが、手の届きにくいエリアを拭きクリーニングする為にはあったほうがいいでしょう。
とりわけ、狭い冷蔵庫の裏、たんすの裏などを拭きクリーニングするときや、天井、たんすの上などを拭くときに重宝します。

はたきやほうきなど、昔利用されていたクリーニングアイテムは、ちかごろでも効果的です。
クリーナーでは取れないような狭いエリアの汚れ、あるいは玄関や庭先などのごみを集める際に、これらのアイテムは重宝します。

お風呂やトイレを洗う際の取って付きのブラシやスポンジも、新調しておくことを推薦します。
一年利用するとわりと汚くなっているので、大掃除のことに買い換えるといいでしょう。

いっそうは、洗剤もキーポイントです。
各エリアに利用をする洗剤をしっかり買い揃えておかないと、道半ばでクリーニングが停滞してしまうのです。
こういったクリーニングというのはいったん止まると再起動が難しいので、あらかじめパーフェクトに用意しておくことを推薦します。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除