大掃除のヒストリー

大掃除が行われるというのは、どの世帯にもある風習であり、日本におけるひとつの伝統行事に近い意味合いのあるものといえるのです。
では、そういった大掃除をリアルに一般世帯がいつも行うものとして認知されるようになったのは、いつごろからなのでしょうか。

大掃除の起源となったのは、「煤(すす)払い」と呼ばれる日本古来の年中行事だとつぶやかれているのです。
これも、意味としては大掃除とまったく同じでした。
そうでなくても、シーズンとしては少し違い、12月13日に行う事が通例だったようなのですね。
これにはわけがあり、徒弟奉公などによって里を離れている人々が、新年に間に合うように里帰りの時間を考慮しての事とつぶやかれているのです。
その頃は一般人の移動ステップは徒歩だった為、こういった配慮が必要だったのです。
これが、徐々に交通機関が発達し、里帰りが数日、あるいは数時間でできる時代になってきたことで、大掃除は年末28日前後に行うということで固まったのでしょう。

大掃除の起源である煤払いはちかごろでも寺社仏閣などの一部のエリアでは行われています。
やる事は大掃除なのとは言っても呼び方として「煤払い」を用いているようなのですね。

江戸時代ごろの煤払いは、商家においてとりわけ売り物的なものとなっていたようで、煤払いが終わると見境なく胴上げを行っていたそうです。
一種のお祭りのようなムードがあったのかもしれません。

ちかごろの大掃除に通じる風習として、クリーニングを行わない老人、子供、あるいは病人に関しては、クリーニングの邪魔にならないように外出するかクリーニングを行わない部屋に退避していたそうです。
埃を吸い込まない為の配慮もあったでしょう。
これはちかごろにおける大掃除でも同じですね。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

大掃除のコツ1

さて、大掃除はクリーニングのスケールの大きいなものと一言で言いはしますが、クリーニングの延長線上として考えるのは早計です。
というのも、いつもは行わないくらいスケールの大きいなクリーニングというのは、どれくらい時間がかかってしまうか、というのが明確ではないからです。
それを何も考えずに取り掛かると、それこそ一日や二日では終わらず、年をまたいでしまうことがあるわけです。
そのうえどのエリアをクリーニングしたかというのもわからなくなったり、見落としがあったりして、不パーフェクトなまま大掃除を終えてしまうという中途半端なケースを作ってしまうこともあるのです。
せっかく大掃除をするわけというわけで、徹底的にやってしまいたいではないでしょうか。
ところが時間は限定されている。
うまく大掃除をこなせるかどうか、心配な方もいるでしょう。

というわけで、ここからは大掃除のコツについてご披露していきます。
大掃除のコツをしっかり学ぶことで、年末スパン内にしっかりしたクリーニングをすることができ、さわやかに新年を迎えることができるでしょう。

先に、まずはじめに行うべきアクションは、クリーニングアイテムの確保です。
クリーニングは、手ぶらではできません。
当たり前のことクリーニングする為のアイテムが欠かせないこととなります。
そのアイテムも、クリーニングするエリアによって変わってくるということがあるのではないでしょうかが、スタンダード的にはどのプロセスにおいても欠かせないクリーニングアイテムというのは一致しているものです。
スペシャルなクリーニングアイテムが欠かせない部屋や設備がある家でない限りは、まずアイテムをそろえるところから始めるのが良いでしょう。
それによって、具体的なスケジュールを練ることができるのです。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

大掃除のコツ2

大掃除を行う上でまずはじめにしておくべきなのは、クリーニングアイテムを確保することなのです。
では、大掃除に利用するクリーニングアイテムとは、どんなものなのでしょうか。

スタンダードなものとして、まずクリーナーは欠かせません。
当たり前のことどの世帯にもある物かと思うのですが、中には一間のアパートなどで欠かせないこととしていない、という一人暮らしの家もあるかもしれないのです。
そのときは、家の中で利用が出来てしまうほうきなどを用意してください。

次に雑巾ですね。
雑巾はいつものクリーニングではあまり利用をしない世帯もあるかもしれないのです。
ところが大掃除では雑巾を大量に使用します。
家に一つか二つしかないというときは、新たに用意する欠かせないことがあるのではないでしょうか。

次に、モップです。
これに関しては、間違いなく要るということではないのですが、手の届きにくいエリアを拭きクリーニングする為にはあったほうがいいでしょう。
とりわけ、狭い冷蔵庫の裏、たんすの裏などを拭きクリーニングするときや、天井、たんすの上などを拭くときに重宝します。

はたきやほうきなど、昔利用されていたクリーニングアイテムは、ちかごろでも効果的です。
クリーナーでは取れないような狭いエリアの汚れ、あるいは玄関や庭先などのごみを集める際に、これらのアイテムは重宝します。

お風呂やトイレを洗う際の取って付きのブラシやスポンジも、新調しておくことを推薦します。
一年利用するとわりと汚くなっているので、大掃除のことに買い換えるといいでしょう。

いっそうは、洗剤もキーポイントです。
各エリアに利用をする洗剤をしっかり買い揃えておかないと、道半ばでクリーニングが停滞してしまうのです。
こういったクリーニングというのはいったん止まると再起動が難しいので、あらかじめパーフェクトに用意しておくことを推薦します。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

大掃除のコツ3

大掃除を行うにあたり、クリーニングアイテムを購入する事になるかと思います。
日頃利用しているアイテムに関しては、それなり使える様子であれば買い替えの必要はないのです。
クリーナーやほうきはそのまま利用するというケースがわりと多数でしょう。
そうでなくても、トイレやお風呂に利用するブラシ、雑巾などは、この年末の大掃除のことに買い換えるのが良いでしょう。
雑巾に関しては、昨年のお歳暮やお中元などでタオルをもらっているとき、古いタオルを雑巾にしてしまえば、節約にもなります。

とはいえ、雑巾に関しては100円ショップで購入できてしまうのです。
雑巾も格安で入手できるので、糸代を考えると、自らで作るのと買うのとでそれ程差がないというのが現状です。
雑巾は消耗品なので、決して上等とはいえない100円ショップのアイテムでもテーマないでしょう。

100円ショップで入手可能なクリーニングアイテムは、雑巾に限りません。
というより、あらかたの大掃除に欠かせないアイテムは100円ショップで入手可能なのです。
ほうきにしても、コンパクトなサイズのものからでかいものまで揃っています。
モップにしても、作りはわりとシンプルで壊れやすいとはいえ、100円で購入できるのであれば、年に1度利用をするのみという世帯にはありがたい事ではないでしょうか。
大掃除を行うにあたり、100円ショップは欠かせないショップです。

ただ一つ、知っておきたい事があるのです
100円ショップで売っている洗剤は、量は多くプライスも安いので重宝しがちとは言ってもリアルにはわりと薄い洗剤で、あまりコストパフォーマンスがよくなかったりします。
適切の洗剤の50%以下の効力しかないというケースも珍しくないのです。
量が多数から得のように見えますが、リアルにはメジャーメーカーの洗剤を特売日に買うほうが余程安いことです。
大掃除を控えた年末には、ドラッグストアやスーパーなども頻繁にのぞいてみることをおすすめします。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

大掃除のコツ4

アイテム一式を揃えたら、次にやる事はスケジュール、つまり大掃除のプランを練る事です。
大掃除は大掛かりなことです。
それこそ丸一日、広い家であれば何日も日をかけて行う事になるでしょう。
それだけではないのです。
ファニチャーをはじめ、多勢のとても重い物を移動させる事になり、わりとの肉体労働を優勢られます。
粗大ゴミに関しては、一回庭に集め、その後会社に引き取ってもらうという形が望ましいので、いずれにしても移動の際の重労働は避けられません。
要するに大掃除にはアイテム以外にも人手が欠かせないことというわけです。
人は物ではないので、時を問わずに使えるというわけにはいきませんよね。
そうなると、やはりプランを前もって練っておく欠かせないことがあるのです。

プランを立てるにあたり、まず決定しておかなくてはならないのが、大掃除決行の日取りです。
それを決めなければ、誰に手伝ってもらうかということかつてに、その人とのスケジュール調整ができません。
「何月何日何曜日の何時から何時まで行う」というのをしっかり決定しておきましょう。
広くは12月28日とは言ってもその日にちに手伝って欲しい人が空いていないときはずらしても構いません。
というか、ファミリーだけでできないというケースでお手伝いを要請するときは、28日以外が良いでしょう。
その人も自らの家の大掃除があるのではないでしょうかから。

日取りが決まったら、次は誰に手伝ってもらうか、あるいはその欠かせないことがないかのチョイスです。
中学生以上の男の子がいる世帯なら、父親と子供で大抵のファニチャーは移動できてしまうのです。
他の人の手を借りずともできるでしょう。
そうでなくても、まだ子供がいない世帯や女系ファミリーで男手がないといったご自宅のときは、やはり男手を借りた方が良いでしょう。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

大掃除のコツ5

大掃除を行う上で、先立ってスケジュールを練るというのはとてもキーポイントです。
大掃除は時間が掛かる上に重労働というわけで、もし何のスケジュールも立てずにはじめてしまうと、どのようなわけでもダレてしまい、日をまたいだり、中途半端なことで終了、という形になってしまうのです。
そうなると、せっかくの大掃除もあまり意味を成しません。
一年間で隅々までクリーニングすることというのは、恐らくこの大掃除のシーズンしかないのですよね。
もしここで手を抜いてしまったら、二年分の埃が見えない所に溜まってしまうのです。
そうなると、もしダストアレルギーの方が家にいるとき、わりと苦しい暮らしを優勢られる、などということもあるのです。
そうならない為にも、しっかりしたスケジュールを練る欠かせないことがあるのではないでしょうか。

大掃除の日取り、利用するアイテム、人手が決まったら、その日のことについてスケジュールを練りましょう。
できれば実行する人全員で話し合った方が良いです。
むろんその日でも構いません。
そうでなくても、結構時間がかかってしまう事もあることなので、決起集会というわけではないとは言っても前日に集まって話し合った方が良いかもしれません。

スケジュールとして考える事は、誰がどの務めを担うか。
要するに務め分担が第一という事になります。
当たり前のこと男の人は力仕事がセンターになります。
ファニチャーの移動、粗大ゴミの収集などですね。
この大掃除のことにファニチャーを買い換えるなどというときは、車を出せる人がいれば出し、搬入の際の手伝いをすることをおすすめいたします。
女の人のときは、拭きクリーニング、掃きクリーニングがメインですね。
とりわけキッチンやトイレなどはじっくりと磨きたいエリアなので、いつもから利用している人が担当することをおすすめいたします。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

大掃除のコツ6

大掃除が一日で終わらないという世帯のときは、より一層事前のスケジュールがキーポイントとなってきます。
大掃除というのは、わりと始めるモチベーションが持続しないものです。
手間がかかるだけならまだしも、わりとの労働を行う欠かせないことがあり、更に人手も欠かせないので、日を分けるとスムーズに運ばなくなることがあるのです
そういうときにもしっかり対応できるよう、前もってスケジュールを立てておきましょう。
大掃除のスケジュール表をあらかじめ作っておくと使い勝手が良いのです。

なおいっそうも良いのは、各自自らの部屋に関しては、前もってやっておくという事です。
大掃除の時にまとめて、というケースが多数ようとは言ってもそれだと一日で終わらないことが高くなります。
各自が自らの部屋をあらかじめしっかりクリーニングしておけば、大掃除の日には他の部屋に集中できるのです。
そうする事で、時間的なリスクが減り、一日で終わらせる事もできるでしょう。

それでも一日では無茶というときは、力仕事が欠かせないクリーニング、そうでないクリーニングをまず分けます。
斯くして、人手が欠かせないクリーニングに関しては一日でまとめ、残りは他の日にするというスケジュールが好ましいでしょう。
そうすればスケジュールも確保しやすく、スケジュール表もまとめやすいのではないでしょうか。

そのうえ奥さんがこまめにクリーニングをできる人であれば、数日に分けて大掃除を行ってもそれ程テーマはないのです。
先述した力仕事以外の、キッチンやお風呂などのクリーニングに関しては、集中して一日でそこだけをやる、といった感じで1週間位に分けてやると、綺麗にクリーニングができるでしょう。
クリーニングが好きな人が世帯に一人いれば、こちらの方が効率的です。
そうでなくても、窓拭きなどは一人だとわりと一日で終われないのが現状です。
その点なども考慮した上で、スケジュール表を作ってみましょう。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

大掃除のコツ7

スケジュールを立てて段取りが決定したら、いよいよ大掃除その日を迎える事になるのとは言ってもその前に一つやっておきたいのが、アイテムの確認です。
購入したアイテムがしっかり使えるかどうか、取替え用の備品などはちゃんと揃っているか、ずっと利用しているアイテムで壊れているものはないかというのを、できれば前もってチェックしておきましょう。
その日になってクリーナーが壊れていた、などという事になったらわりと厄介です。

クリーニングアイテムは、できる限り一スポットにまとめておきましょう。
どこにどれを置いたかわからない様子だと、その日になって混乱を起こすことがあるのです
一日で終われなくなってしまう事になりかねません。
大掃除に利用するアイテムはわりと多く、集めるとかさばってしまうので、居間にまとめて置いておくと良いでしょう。
アイテムをまとめておく事で、次のことには何が必要かというときに、ひとつにまとめておくと効率よくことを進めることができるのです。
けれども草むしり用の軍手や鎌、竹箒などといった庭や玄関で利用するものに関しては、庭にまとめておく方が良いでしょう。
とりわけ鎌など子供が触れるとリスクなアイテムに関しては、しっかりコントロールしておく事が欠かせなくなるのです。

はさみ、鎌、くわなどに関しては、刃のパーツを布か何かでくるんでおく事を推薦します。
大掃除では、こういったアイテムも欠かせないこととなってきますが、それで怪我をしたという例はいつも間違いなく発生します。
それも、結構な件数です。
子供がいる世帯では、できるだけそういったアイテムを利用をしないか、ノーリスクを確保しておく為に布で巻いて高い所においておくなどの対処をしておきましょう。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

エリア別大掃除法 キッチン編1

大掃除では、いつもはあまりクリーニングをしないところをクリーニングすることにでかい訳合いがあるのです
というわけでクリーニングする事で、一年の汚れをとり、家の中のクリーンを保つことができるのです。
その中にあって、とりわけクリーンさを保ちたいエリアといえば、キッチンが挙げられるでしょう。
食料をキープし、食事を作るエリア。
家の中で、これほどクリーンさを欠かせないこととするエリアもそうそうないはずです。
キッチンのクリーンさを保つためにも、しっかりと大掃除で綺麗にしましょう。

キッチンの大掃除でクリーニングするエリアといえば、まず冷蔵庫です。
冷蔵庫内は、いつも手入れする事はあっても、本格的に片づけしたり吹きクリーニングしたりすることはないかと思います。
大掃除においては、中の片づけがメインとなるでしょう。

冷蔵庫を大掃除する際には、冷蔵庫の電源を切っておくことを推薦します。
節約であってしまうとマッチさせて、トラブルのことを減らすこともできるのです。
電源を切った後、まず冷蔵庫、冷凍庫内の物をすべて外に出してしまいましょう。
順序としては、冷凍庫の片づけと片づけを優先します。
冷凍庫に入れている冷凍フードなどが溶けてしまわないよう、手早いことが欠かせないこととなります。
とはいえ、冬場なので、そこまで焦る必要はないのです。

冷凍庫の片づけが終わると、次は冷蔵庫内の片づけです。
棚を外せるタイプならば、すべて外しましょう。
その後、キッチン洗剤を利用して吹きクリーニングを行います。
まず洗剤をつけた布などで拭き、その後でカラ拭きします。
間違いなく洗剤をパーフェクトに落とすことがキーポイントです。
拭きクリーニングが終わったら、棚を戻し、電源を入れ、中に物を戻し、片づけして終わりです。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

エリア別大掃除法 キッチン編2

冷蔵庫おんなじ、いつもあまりクリーニングをしないキッチンにある物といえば、電子レンジでしょう。
電子レンジは日常頻繁に利用をするアイテムではないでしょうか。
いつものように利用するという世帯も多数でしょう。
ところがそのクリーニングはというと、せいぜい中央の皿を拭くくらいではないでしょうか。
とは言ってもリアルにはレンジ内はわりと汚れています。
先に、蒸気によってレンジトータルに水滴が付着し、水垢が発生していることがあるのです
いっそう、温めるプロセスで匂いがこもったり、食べ物の一部が吹きこぼれなどで漏れたりしていることも高いといえるのです。
見えないところに汚れがあってしまうというのが、レンジのオリジナリティです。

大掃除で電子レンジをしっかりクリーニングするためには、まず暖めるものを載せる皿など、取り外せるものはすべて外します。
斯くして、中性洗剤をつけた布でくまなく拭きクリーニングを行いましょう。
奥の手が届きにくいスポットなども、しっかり拭いておかないと、汚れがたまり、不潔なレンジになってしまうのです。
洗剤をしっかり拭き取ることも頭の片隅には入れておきましょう。
クリーニングが終わったら、カラ拭きをし、取り外した部品を元に戻します。
むろん、部品それぞれもしっかり拭いておきましょう。

冷蔵庫にもいえることとは言っても大掃除で電子マシーンをクリーニングするとき、間違いなく電源を抜いておきましょう。
炊飯器などの小さなアイテムのときは、コンセントを抜く事が習慣付いていますが、レンジや冷蔵庫はわりとその習慣がないので、つい電源を入れたままクリーニングしがちです。
リスクなので、大掃除のときは間違いなく抜いておくことを強く推薦します。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

エリア別大掃除法 キッチン編3

キッチンでクリーニングするエリアといえば、ガスレンジ、ガスコンロがなおいっそうもでしょう。
大掃除に限らず、このエリアは日ごろからきれいにしておくことが望ましいのとは言っても大掃除のときはとりわけじっくりとクリーニングすることを推薦します。

ガスレンジ、ガスコンロの大掃除の際にまずはじめに注意すべき点は、金たわしなどの硬い物を使用しないことです。
フライパンなどもそうとは言ってもちかごろのキッチンアイテムはフッ素加工の物が増えているのです。
ガスレンジの表面も、フッ素加工の物がわりと多数ようなのですね。
このフッ素加工は、金たわしなどの硬い物でこするとはがれてしまうのです
せっかくのフッ素加工が台無しになり、寿命が縮まってしまうのです。
間違いなく、やわらかいスポンジでクリーニングするように注意することましょう。
力の入れすぎも厳禁です。

ガスコンロ、ガスレンジのクリーニングは、表面のこげを取ることから始まります。
こげをしっかり取るためには、強くこすらなくてはならないという心構えが働きがちとは言ってもここでもそれは厳禁です。
竹串などがあれば、それで削ぎ落としましょう。
割り箸でもおすすめです。

こげをおとし終えたら、次は雑巾で拭いていきます。
酸性の優勢洗剤か、酢と水を同率で混ぜた物をしみこませて拭きクリーニングをすることをおすすめいたします。
酢は匂いがきついので、気をつけることが欠かせないことなのです。

キッチン周りをクリーニングする上で、とにかくキーポイントなのは「やさしく丁寧に」です。
ゴシゴシこするだけがクリーニングではないのです。
時間をかけてのんびりクリーニングするのがなおいっそうも望ましいでしょう。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

エリア別大掃除法 キッチン編4

大掃除を行う上で、悪臭のするエリアは優先的にクリーニングすべきでしょう。
大掃除の必要性のないエリアなどないのとは言ってもとりわけ悪臭の元は早めに絶っておかないと、大掃除の時にとても調子の悪い思いをしながらのこととなってしまうのです。
臭い物にはふたとはいいますが、このときは一刻も早く元を絶つことが大事です。

悪臭の元は、大体決まっているのです。
まずはじめにチェックするのは三角コーナーですね。
当たり前のこと、日ごろからクリーニングしているエリアではあるのとは言ってもどのようなわけでも日常でのクリーニングは甘くなりがちです。
露骨な悪臭がしないでいても、少し臭うということはあるのではないでしょうか。
じっくりとクリーニングする欠かせないことがあるのです
三角コーナーは安い値段で購入できるので、このことに買い換えるのもありとは言ってもその必要もないときは塩素系漂白剤を入れたボールなどに一時間ほど漬けておきましょう。

次に、換気扇のクリーニングです。
換気扇も悪臭の元になりやすいところです。
もし換気扇自体がわりと汚れているとき、換気扇を回した途端に悪臭が漂います。
わりときついケースというわけで、ここもじっくりとキレイにしましょう。

換気扇は油汚れがあらかたなので、油汚れに優勢洗剤を利用して拭きクリーニングを行います。
取り外せるなら取り外してクリーニングしたほうが確実です。
羽の根元までしっかり拭き取りましょう。

これが終わると、次にはいよいよ排水パイプです。
ここがなおいっそうもの臭いの元凶となるケースが多数ですね。
中まで手を入れてクリーニングすることができないので、専門のワイヤーブラシとパイプ用の洗剤を購入し、ゴシゴシこすっていきましょう。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

エリア別大掃除法 キッチン編5

キッチンの大掃除を行う際、忘れがち、見落としがちになってしまうのが、蛇口のクリーニングです。
むろん、蛇口の中までクリーニングするということは難しい場合ことでしょう
ところが蛇口の裏側など、いつもはクリーニングしないパーツにはわりと汚れやさびが付着しているのです。
こういったところをクリーニングして綺麗にするのが、大掃除の醍醐味といえるのではないでしょうか。

蛇口の裏側をクリーニングするときは、ストッキングを利用をすると良いといわれています。
ストッキングにクリームクレンザーなどの合成洗剤と水を付け、蛇口の裏側を擦ります。
これが、わりと効き目が高いようなのですね。
というのも、ストッキングというのは弾性が高く、摩擦力も高いので、こする力が強くなるのです。
そのうえ伸び縮みするので細いエリアでも入り込ませる事ができるのです。
むろん原材料自体はやわらかいので、傷を付ける事もないでしょう。
何かの裏側をクリーニングする上で、とても役に立ちます。
大掃除の際は、雑巾代わりに安いストッキングを購入しておくと良いでしょう。

そのうえワックス代わりに酢やレモンを利用してみるのも良いでしょう。
蛇口をピカピカにするには、優勢酸性のものが効果的です。
となると、洗剤よりはレモンなどの方が効き目をアップするようなのですね。
むろん消毒働きは洗剤が圧倒的に上なので、洗剤でこすった上で、レモン汁を含ませた布で拭くなどすることをおすすめいたします。

蛇口の回りもクリーニングが欠かせないことなのです。
水道水の水垢にはカルシウムも含有されているので、酸性の洗剤で洗うと良いでしょう。
鉄分が含有されているときは茶色いシミになっているので、そこはお湯と還元系漂白剤が効果的です。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

エリア別大掃除法 浴室編1

浴槽などの浴室のクリーニングは、大抵の世帯がコンスタントに行っているかと思います。
ところが一人暮らしなどのときはそうでもないところも多数ようなのですね。
とりわけ、アパート暮らしの人は、いつもずっとシャワーで済ませており、浴槽やタイルのクリーニングはしていないというケースが多く見られるのです。
そういった方は、この大掃除のことに一気に浴室すべてをクリーニングしてしまいましょう。

大掃除で浴槽をクリーニングするとき、とりわけ大掛かりなものは必要ないのです。
適切の浴槽をクリーニングするのと同じ感じでテーマないでしょう。
では、いつも全く浴槽を利用していないときはどうなのでしょうか。
浴槽内に黒ずみが出ているときなど、相当優勢洗剤が欠かせないのでは?と思ってしまうのですよね。
ところがリアルにはそういった物は必要ないのです。
ノーマルの浴槽用洗剤とスポンジブラシで十分です。
というのも、この黒ずみの正体はほぼ人間の垢なのです。
浴槽を利用していない人でも、浴槽に足を入れてシャワーを浴びたりすると、そこに垢が付着します。
それが積もり積もったのが黒ずみの正体です。
いつも洗い流せる汚れなので、さっと洗ってしまいましょう。

大掃除のとき、タイルもしっかり洗う欠かせないことがあるのではないでしょうか。
タイルの目地についた汚れはしっかりこすらないと取れないので、ブラシを利用をするのが好ましいですね。
あまりいつもからクリーニングしていないときは水カビが付着しているケースがあらかたなので、カビ用の洗剤も用意しておくと良いでしょう。
タイルのときは思いきりこすってもテーマないので、力仕事と思ってゴシゴシとやってしまいましょう。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

エリア別大掃除法 浴室編2

いつもクリーニングしているときでも、わりと落とせていない汚れというものはあるものです。
大掃除はそういった汚れを落とすことでもあるのです
例えをあげるとすると、浴室のタイル表面に付着した、白い粉上のもの。
これは、水中のカルシウムなどの栄養素が固化した水垢です。
それも、一日二日でできるものではなく、長年の積み重ねでできた、頑固な汚れなのです。
この水垢は、落とすのがとても困難です。
適切の洗剤で落ちる事がないので、ノーマルのクリーニングの際にはどのようなわけでも放置しがちです。
大掃除の時に落としてやりましょう。

この水垢は、どのくらいの優勢汚れかということで対処法が変わります。
先に、軽い汚れのときは、酢で落とせます。
ところがそれなり年月を経ている水垢のときは、酢でも対処できません。
そのときはクエン酸を使用します。
クエン酸をお湯で溶かし、それを汚れの表面に塗り、しばらく放置します。
ただし蒸発してしまうと元も子もないので、サランラップで覆っておきましょう。
数時間経過後、重曹、クレンザーなどをまぶしてスポンジやブラシで擦ります。

そのうえ浴室の鏡にも水垢は付着します。
鱗状のものがそれです。
これも、適切の洗剤ではまず落ちません。
多勢の浴室では、鏡が見えにくくなっていると思います。
しかしどれだけ洗剤でこすっても落ちず、苦労している世帯は多数でしょう。
大掃除のことにそれも落としてやりましょう。
まずは酢を利用してみて、それでも無茶なようなら酸性の洗剤を塗った後で、サランラップで覆ってしばらくおき、その後でこするというパターンです。
そうでなくても、酸性の洗剤は金属パーツにつくとさびの要因になるので、気をつけることが欠かせないことなのです。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

エリア別大掃除法 トイレ編1

大掃除において、念入りなクリーニングをしなければならないエリアのひとつに、トイレがあるのです
トイレは当たり前のことコンスタントにクリーニングすべきエリアとは言っても一人暮らしをしているとわりと日ごろからマメなクリーニングというわけにはいきません。
大掃除のことに一気にやってしまいましょう。

先に、便器からです。
評判どおりのいつもから便器が汚いというのは、どうかと思います。
一人暮らしであっても、便器くらいはコンスタントにクリーニングしておく事が欠かせないことです。
とりわけ、和式洋式問わず、水のたまるパーツはわりと汚れやすいです。
ただ汚れやすいだけでなく、茶色に変色し、見た目がとても汚らしいです。
もし日ごろあまりそのパーツをクリーニングしていないときは、大掃除の時に思いきり洗わなくてはならないでしょう。

この茶色の要因は、尿石によるものであるケースと、ホコリやサビによる汚れというケースに別れます。
前者のケースは少ないとは言ってももし該当するときは耐水ペーパーで擦るなどの方法が欠かせないことなのです。
最もこれは抗菌コートなどもあわせてはがす恐れがあるのです
どのようなわけでも汚れが落ちない時の最終ステップとして行うことをおすすめします。

スタンダード的には、茶色い汚れはホコリとサビによるものが多数です。
そのときは衣類用の還元系漂白剤が効果的です。
けれどもお湯を間違いなく使わなくてはなりません。
お湯を張り、洗剤を入れ、10分ほどブラシでこすってみましょう。
便器のクリーニングのときには、歯ブラシが効果的です。
適切のブラシだとサイズ的に裏側などをこすりにくいので、歯ブラシの方が良いでしょう。
これで取れるケースが多数ようなのですね。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

エリア別大掃除法 トイレ編2

トイレを大掃除する際、やはり便器をキーポイントに洗っていかなくてはなりません。
その中でもとりわけ厄介なのは、便器の内側です。
内側というのは、水のたまるエリアのいっそう奥、といえばわかりやすいでしょうか。
いつもはまずクリーニングしないパーツとは言ってもマッチさせて間違いなく汚れがたまっているエリアでもあるのです
水の流れがコンスタントにあるエリアではあるのとは言ってもそれでしっかり流れているかどうかという確認が目視では不可能なので、どれだけの汚れが潜んでいるかはイメージすらできません。
大掃除を行うにあたって、いろいろな意味で厄介なエリアといえるのです。

では、こういった見えにくい上に汚れがひどいことが予想されるエリアをクリーニングするにあたって、どういったクリーニングの仕方をすべきでしょうか。
便器の奥に突っ込めるような細いブラシは、売っています。
ちかごろのクリーニングアイテムはちょっと前と比べるとだいぶ実用的になってきているので、探せば間違いなく見つかるでしょう。
そうでなくても、洗い流すにはブラシだけではダメです。
洗剤が欠かせないことなのです。
ところが洗剤をもってしてもわりと落とせない汚れというものはあるのです
とりわけ、便器の奥のようないつもからクリーニングしていないスポットは、汚れも相当ガンコになっているのです。
こういったときは、さまざまに工夫が欠かせないことなのです。

先に、トイレットペーパーを便器の内側に入れます。
斯くして、そのトイレットペーパーに洗剤をしみこませ、数十分、あるいは数時間放置します。
こうする事で、汚れはわりと落ちやすくなります。
あとはブラシでこするだけなのです

こういった、一定時間洗剤をなじませるということは、どんな汚れに対しても効果的です。
大掃除の際は何としてもいろいろなところで利用してみてください。
クリーニングを始める時の第一レベルとしてガンコな汚れがついていそうなところに洗剤をなじませておき、その間に他のことを行っておけば、効率的です。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

エリア別大掃除法 トイレ編3

いまや各世帯では、洋式のトイレを利用しているところがわりとの数を占めていますよね。
和式より断然使いやすいという事で、和式の便器を探す方が難しくなってきているくらいです。
そうでなくても、クリーニングに関しては和式より洋式の方が断然手間がかかることくさかったりします。
とりわけ厄介なのは、便器の縁の裏側です。
いつもクリーニングする事のないエリアとは言っても実はわりと汚れています。

洋式便器の縁の裏側は、ダイレクトにそこが汚れるという事はないので、放置しがちです。
しかし長年利用していると、当たり前の話ですが汚れはたまってきます。
斯くして、そういったところの汚れはどのようなわけでも落ちにくくなります。
サビとホコリがセンターとなって、茶色く変色しているときも数多く見受けられます。
外見的に見えないエリアなので放置しておいても良いというのは、あまり衛生上よろしくないのです。
大掃除のことにしっかり洗っておきましょう。

頻繁にとは言わないまでも、一月に一回くらい裏側を洗っている世帯のときは、いつも洗って落ちるのでテーマないでしょう。
そうでないときは、まずトイレットペーパーで裏側をしっかり拭き、水分をなくします。
斯くしてその後、使い古して穴が開いたシューズ下などに洗剤をしみこませ、思い切り拭きクリーニングを行います。
ブラシではわりと落とせない汚れでも、シューズ下や軍手のような厚い布であれば落としやすいのです。
大掃除にはこういったものも用意しておくと良いでしょう。

これでも落ちないときは、尿石の塊ということがあらかたです。
そのときは、大掃除でよく利用する手として、洗剤をトイレットペーパーにしみこませ、裏側にあてて数時間放置し、その後ブラシでこするというステップをとりましょう。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

エリア別大掃除法 トイレ編4

トイレクリーニングの際、どのようなわけでも疎かになりがちなのは、床のクリーニングです。
トイレというとどのようなわけでも便器のクリーニングに集中しがちとは言っても実は床もわりと汚れています。
トイレの床は何気に汚れの温床なのです。
ここをクリーニングしないで、何が大掃除だと言っても言いすぎではないくらいです。
しっかり床もクリーニングするようにしましょう。

トイレの床の汚れは、まず尿の飛び散りによる汚れがこととしてはわりと高いです。
そのうえタバコを吸う人がいれば、そのヤニも付着しているでしょう。
こういった物が目に見えないところでセーブしているので、とても厄介です。

とはいえ、便器のクリーニングと比較したら、だいぶ楽といえるのです。
ガンコな汚れというほどでもないので、洗剤を利用して拭きクリーニングし、カラ拭きし、余力があればクリーナーで仕上げるくらいで十分でしょう。
ワックスをかけておくと次の大掃除のことにクリーニングがしやすくなります。

床だけでなく、トイレというスペースをできるだけ綺麗にしておく事がキーポイントなのです。
例えをあげるとすると、窓もそうですし、タンクの裏側もそうです。
とりわけタンクの裏側はいつもクリーニングする事はまずないスポットです。
大掃除のことでもなければ、クリーンではないままという事になるでしょう。
年に一回のクリーニングのことでもスルーするというわけにはいきませんよね。
雑巾が入る範囲であれば、拭きクリーニングを行うのが好ましいでしょう。

トイレは、家中の邪気を逃がすエリアとして、風水でもキーポイントな意味を持つスポットです。
トイレを不衛生にしている世帯は、幸せが訪れないとまでつぶやかれているのです。
大掃除だけでなく、いつもからきれいにしておくことが望ましいでしょう。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

エリア別大掃除法 ラバトリー編

ラバトリーは、サビの発生しやすい環境がそろっています。
というわけで、大掃除のことでもなければわりと綺麗にはしにくいエリアでもあるのです
サビを取るというのは結構かなりで、専用の洗剤も欠かせないので、いつもからというわけにはわりといきません。
大掃除のことを利用して、ぴかぴかに輝くラバトリーを取り戻しましょう。

ラバトリーでさびるスポットといえば、まず洗面メイク台に放置している金属類です。
もらいサビといって、置いている下のパーツが茶色く変色しているケースがあるのです
それはサビなのです。
そのうえ蛇口周りもとても錆びやすいので、ここもしっかりサビ取りを行う欠かせないことがあるのではないでしょうか。

サビ取りには、酸性の洗剤が欠かせないのです。
酸性のサンポール、クレンザーなどを用意しておきましょう。
軽度のサビであれば、サンポールやトイレクリーナーなどで十分落とせます。
これらをトイレットペーパーにしみこませ、拭きクリーニングをしてみましょう。
それで落とせないときは結構強めのサビです。
クレンザーを使用しましょう。
そのうえ水道水内に含有されているカルシウムが付着して白っぽくなっているときも、おんなじにクレンザーが効果的です。

蛇口をぴかぴかにしたいときは、レモン汁を利用するのも効果的です。
10円玉にレモン汁や酢をかけると綺麗になりますよね。
あれと全く同じです。
酸がサビを落としてくれるのです。
余力があれば、大掃除前にレモン汁を購入しておくといいでしょう。
大掃除だけでなく、テーブルにも並べられますし、あって損をすることはないのです。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

エリア別大掃除法 窓編

大掃除でよく見る光景といえば、窓拭きをファミリー総出で行っていることではないでしょうか。
この光景を見ると、大掃除をしているという自覚が出てくると共に、年の瀬である事を再自覚するという方も多数かと思います。
窓拭きというのは、大掃除の中でもとりわけ行う事の多数、斯くしてことする時間が長いクリーニングと言えるのです。

そういった窓拭きとは言ってもまず窓の汚れの様子を確認しましょう。
まっさらな雑巾があれば、それでさっと拭いてみてください。
というわけであらかた汚れがないというときは、洗剤を利用する必要もないのです。
新聞紙で十分です。
新聞紙が窓拭きに効果的というお役立ち情報は、もはや一般常識になりつつあるのです
インクが汚れを拭き取るための洗剤のような働きをするそうです。
よって、古新聞があれば、それを駆使するのがなおいっそうもでしょう。

そうでなくても、タバコを吸う世帯、近所にファクトリーがある、あるいは車がよく通るといった家においては、それだけでは不十分です。
しっかりガラス用の洗剤を利用してクリーニングしましょう。

窓クリーニングは窓ガラスだけで終わらせてはいけないのです。
窓のサッシやレールもしっかりクリーニングしましょう。
大掃除においては、こういったところも綺麗にするというのが大事になってきます。
こういった狭いところのクリーニングは、霧吹きとハンドブラシが効果的です。
霧吹きで水をかけ、それをブラシで掃き出す。
これで大抵の汚れは取れます。
窓のサッシの汚れは砂とホコリがあらかたなので、ガンコな汚れがついているということは滅多にないのです。
もしそれで取れないときは、フローリングに利用をする洗剤を使いましょう。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

エリア別大掃除法 和室編

大掃除のときは、居間や書斎などのいつもクリーニングしているであろうエリアもじっくりとクリーニングします。
その中にあって、クリーニングの仕方が少し難しいのが、和室です。
和室は畳が敷いてあり、障子、ふすまがあり、洋室と比較してわりとデリケートなイメージがあったりしますよね。
リアルに、洋室と同じように、というわけにはいきません。

先に、大掃除をするにあたって、和室をクリーニングするために用意しておくべきアイテムはいろいろというと、酢です。
洗剤は使用しない方が良いでしょう。
木や草といったものを利用している和室において、洗剤はあまり良いインパクトを与えません。
水拭きもできるだけ絞って水気のない様子で行った方が無難です。

まずはじめに、柱などの白木をクリーニングしましょう。
たっぷりと絞った雑巾で拭いていきます。
もし黒ずんだエリアがあったら、酢の出番です。
酢を水に加え、それで雑巾を浸し、思いきり硬く絞った様子で拭きます。
それで黒ずみが取れるときもあるのです

次に、畳です。
クリーナーをかけ、水分をなくした様子の雑巾で拭いていきます。
畳には表面をプロテクトする為の白土が塗られており、水拭きをするとそれがはがれてしまうので、水拭きは厳禁です。
黄ばみなどの汚れには、酢を混ぜた水に浸し、しっかりと絞った雑巾で対応しましょう。
畳のとき、とても傷みやすく、斯くして水に弱いという性質があるのです
借家のときはとりわけそうとは言っても水分を含ませて腐らせてしまうという事がないようにしてください。
大掃除の際にはどのようなわけでも水を使いがちで、ですのでに大掃除で綺麗にするはずが逆に畳を腐らせてしまったというケースがあるのです
注意しておいてください。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

エリア別大掃除法 洋室編1

洋室は、和室ほどデリケートではないので、大掃除の際にはそれなり思い切りクリーニングができるのです。
そうでなくても、やはり水に関してはできるだけ使用を避けるべきでしょう。
床と壁に関してはとりわけそうです。
とはいえ、床に関しては畳とは違い、拭いたあとすぐカラ拭きすればテーマはないのです。
壁に関しては、できるだけ水分を利用をするのは控えた方が良いでしょう。

そうでなくても、壁に関しては、お子さんのいる世帯といない世帯、タバコを吸う人のいる世帯といない世帯でBIG違いが生まれます。
お子さんのいる世帯の壁は、どのようなわけでもクレヨンや鉛筆、マジックなどの落書きの汚れがあるものです。
それをどうやって落とすかというのが、大掃除の際のテーマの一つと言えるのです。
大掃除においてこういった汚れを落とせなければ、何のための大掃除?ということになってしまうのです。

という訳で、大掃除の際に壁の落書きを落とす方法をごレクチャーします。
まず鉛筆のときは、消しゴムがなおいっそうも効果的です。
消しゴムは鉛筆だけでなく、他の汚れにも効果的なケースがあるので、まず利用してみましょう。
クレヨンに関しては、歯磨き粉かアイロンが効果的です。
歯磨き粉をつけてブラシでこすると、クレヨンが取れるという裏技がWEB上でわりと見受けられます。
そのうえアイロンで熱してみると、取れやすくなるというものもあるのです
これらをトライしてみることをおすすめします。

マジックに関しては、灯油、マーガリンといった油が効果的です。
そのうえ筋肉マッサージに使用されるアンメルツなどの薬も効果的とつぶやかれているのです。
色々トライしてみると良いかもしれないですよね。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

エリア別大掃除法 洋室編2

洋室をクリーニングするとき、あるいは廊下をクリーニングするとき、クリーナーは必須ではないでしょうか。
大掃除においても、クリーナーはフル稼働させることになるのです。
案の定なおいっそうも楽で確実なのはクリーナーをかけるとういうわけなのです。
拭きクリーニングをするからクリーナーはいい、ということは一切ないのです。
大掃除においても、クリーナーは主戦力となるのです。

とは言ってもクリーナーには少なからずウイークポイントもあるのです
というのも、クリーナーというのはどのようなわけでも床のホコリを舞い上げてしまうのです。
テーマなのは、ホコリよりも軽いダニの死骸やフンです。
目に見えないそうしたものは、舞い上がると暫く空中にとどまり、数時間後にようやく下に落ちるとつぶやかれているのです。
これが何を意味するのかというと、舞い上がったホコリやそれらの物質が口の中に入ることが高いとういうわけなのです。
ハウスダストアレルギーを持っている方は結構います。
そういった方は、ダニの死骸やフンが体の中に入るとくしゃみが止まらなくなってしまうのです。
花粉症をイメージしてみればわかるかと思います。
あれと全く同じ症状になるのです。
そのうえこういったアレルギーは体の中に取り込むことで生まれるので、ちかごろは違ってもクリーナーを使い継続していく事でアレルギーになることもあるのです。

クリーナーは、まずはじめに利用するべきではないのです。
まず拭きクリーニングを行い、たっぷりとホコリやダニを取り除いたあとで、仕上げとして利用をするのがベストです。
適切のクリーニングでは評判どおりのそこまではしないでしょうが、大掃除のときは順番をしっかり守っておいた方が良いでしょう。
なお、適切のクリーニングのときでも、クリーナーをかける時はできるだけマスクをしてください。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

エリア別大掃除法 床編

大掃除を行うにあたり、床をしっかりきれいにするというのは、一つのでかいテーマといえるのです。
床はいつもなおいっそうもクリーニングしているスポットなので、大掃除だからとスペシャルに何かをする必要はない、という世帯もあるかもしれないのです。
ところが大掃除だからこそできる事も多々あるのです
例えをあげるとすると、カーペットの染み抜きなどですね。
カーペットのとき、どのようなわけでも何かをこぼすなどしてシミができてしまう事があるのではないかと思うのです。
暮らししている以上、やむをえない事です。
とりわけお子さんのいる世帯などではシミが多くできてしまうでしょう。

カーペットのシミを落とすとき、そのシミが何なのかで抜き方はBIGチェンジします。
先に、ソースなどをこぼしているときは、ベンジンが効果的です。
ドリンクやスイーツなどによってできたシミは、消毒用のエタノールが効果的です。
そのうえ色がどのようなわけでも取れないというときは酢で落ちるケースがよくあるのです
それでも落ちないときはオキシドールを利用してみてください。
キッチン用の洗剤もマルチ性があり、よく落とせます。

では、フローリングのときはどうなのでしょうかか。
まず大事なのは、優勢洗剤を使用しない事です。
それによって傷んでしまう例は多々あるのです
大掃除の際は、拭きクリーニングを強く絞った雑巾で行い、クリーナーをかけ、ワックスをかけましょう。
ワックスはただ見かけを良くするというだけでなく、汚れがたまりにくくなるという効き目もあるのです。
ワックスを頻繁にかけておくと、フローリングはクリーンさを保つ事ができるのです。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

エリア別大掃除法 インテリア編

大掃除においては、ファニチャーなどのインテリアもクリーニングの対象となります。
いつもはあまり気に留めることのないインテリアの汚れとは言ってもリアルにはわりと汚れていたりします。
大掃除ということでないとわりとクリーニングする事もないので、何としてもこのことを利用して、家中のインテリアをクリーンにしてあげましょう。

インテリアの汚れとしてまずはじめに挙げられるのは、シールをはがした後です。
子供がいる世帯では、よくファニチャーなどにシールを貼り付けたりし、それを無茶にはがして白い跡が残ったりしますよね。
これをはがすのはわりとかなりです。
放置している世帯も多数でしょう。
こういったシールは、暖める事ではがしやすくなります。
シールに付着している接着剤を緩ませるのです。
効果的なのはドライヤーです。
ファニチャーは水を使いづらいので、熱風で温めてはがしましょう。

ファニチャーの汚れを落とすとき、スタンダードはカラ拭きです。
ところがカラ拭きというのは汚れが落ちにくい方法なので、どのようなわけでも他にないものかと考えてしまうのです。
とりわけ大掃除のときはそうではないでしょうか。
というわけで、ファニチャー用洗剤を利用してみましょう。
ちかごろは洗剤も細分化され、ファニチャー専門のスプレー状の物も出ています。
それを利用する事で、ファニチャーをぴかぴかにすることができるのです。

布張りや皮張りのソファーには、水は使えません。
まずブラシで表面を掃き、その後強く絞ったタオルで拭き、手っ取り早くカラ拭きしましょう。
汚れやシミが目に見えるパーツは、中性洗剤を使い、歯磨き用ブラシでこすってみることをおすすめします。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

エリア別大掃除法 玄関編

お客を迎える際、まずはじめに目にされる玄関。
ここが汚いと、家そのもののイメージが悪くなります。
何より、せっかく来訪してくれた方々に対して失礼にあたります。
当たり前のこととは言っても玄関はいつもクリーンを注意することておくべきです。
ところがいつもの暮らしのクリーニングではわりと細部までクリーニングするというわけにはいきません。
というわけで、大掃除です。
大掃除のことに、玄関の隅々までクリーニングして、綺麗な環境で新年の挨拶に訪れるお客様を迎えられるようにしましょう。

大掃除においてまずチェックする玄関のスポットは、土間です。
いろいろな人が出入りする土間では、いろんな汚れが付着しているのです。
このとき、クリーナーがなおいっそうも効果的です。
けれどもほこりが舞うので、ぬれた新聞紙をあらかじめ撒いておくといいでしょう。
マスクをしてクリーニングすることを忘れないようにしてください。
ホコリをとった後、住居用洗剤を利用してスポンジやたわしでこするのが効き目をアップするようなやり方なのです。
クリームクレンザーを併用するといっそう良いでしょう。

そのうえ下駄箱のクリーニングも欠かせないのです。
いつもは下駄箱をあらかたクリーニングしないと思います。
というのも、シューズがいっぱい並んでいて、クリーニングするためにはすべて出さなくてはならないからです。
とても手間がかかることとは言っても大掃除の時くらいはやってしまいましょう。
シューズの片づけにもなります。
クリーニングの方法としては、クリーナーをかけ、洗剤につけたスポンジでこすり、水拭きをするというステップです。
下駄箱のとき、臭いも気になるかと思います。
そういった時には除湿剤などを置いておくと良いでしょう。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

エリア別大掃除法 エアコン編

大掃除においては、いつもクリーニングしないようなスポットもしっかりクリーニングしておく事が大事です。
その一つに、エアコンがあげられてくるのです。
大掃除の際、エアコンをしっかりクリーニングしておくと、その後に利用をするときに出てくる風も気持ちの良いものになるでしょう。

エアコンをクリーニングするにあたり、クリーニングするスポットはメインにフィルターと送風ファン、斯くして本体です。
なおいっそうもキーポイントなのはフィルターですね。
ここに汚れ、とりわけカビが蔓延していると、部屋中に送風によってカビが振りまかれてしまうのです。
これは相当きついケースで、体のコンディション悪くなっての要因にもなります。
フィルターはカビが発生しやすいファクター下にあるので、間違いなくコンスタントなクリーニングが欠かせないことなのとは言っても大掃除のときはとりわけ綺麗にしておきましょう。
まずクリーナーでホコリを吸い取り、次にキッチン用の洗剤を付け軽くブラッシング、斯くして水洗いしてカラ拭き、というのがスタンダード的なクリーニングやり方なのです。

次にエアコン本体ですね。
エアコンの上部はホコリが溜まっているかと思います。
クリーナーで吸い取るには高いポジションなのでかなりでしょう。
もし届かないときは、水拭きでダイレクトに落とすのではなく、はたきで落としましょう。
ホコリは水にぬれると付着力が増して落ちにくくなります。
その後前方のパネルを開き、中を綺麗にしましょう。
ここが詰まっていると、エアコンのパフォーマンスがしっかり発揮できません。

表面を吹き終わったら、次は送風ファンです。
そうでなくても、ここは難しいので、無茶にクリーニングする必要はないのです。
下手に触ってトラブルさせることもあるので、それなりマシーンに詳しい人が身近にいないときは、放置していてもかまいません。
posted by 片付け at 21:15 | 大掃除

大掃除の意義

大掃除が神様への身だしなみという概念が、意義として残っているわけです。これに関しては、今も昔も変わらない価値観かと思います。それは、大掃除というのは単に自分たちの住居をきれいにするという概念だけでなく、神様をお迎えするという大事な意味合いを持っていたからです。また、普段は掃除をしない場所を掃除する良いきっかけ、モチベーションにもなります。

今でこそ、そういった儀式的な風習は影を潜めていますが、一部地域であったり、宗教であったり、あるいは風水的なものであったりを起因とし、その昔の考えを保っている家は多数あります。昔は大掃除=神聖な儀式でした。今ではちょっと考えられない価値観ですよね。大掃除の意義は、やはり清潔な家で新年を迎えたい、というのが一番ではないでしょうか。

新年の安泰、特に五穀豊穣を神様に願い、農作物がよく取れるように神様に祈る為に、家中にある煤を払い、場を清めるというのが、大掃除の起源の「煤払い」の意義だったのです。そのため、大掃除に使用される掃除道具は神聖な物として扱われていたそうです。家の中が汚れたままで新しい年を迎えるというのは、几帳面な性格でなくても落ち着かないものです。

今と昔の大掃除の意義の違いは、儀式的か否かという点に尽きるでしょう。そういう意味では、大掃除の意義は細部への掃除に対してのモチベーションといえるかもしれません。こういった機会がなければ、冷蔵庫や掃除機の裏、タンスの上部、天井、陳列物の下の埃などに対して掃除を行うということはなかなかないでしょう。

posted by 片付け at 17:35 | 大掃除